刊行物:刊行物別

年別表示 2016  2015  2014  2013  2012  2011  2010  2009  2008  2007  2006  2005  2004  2003  2002  2001  2000  1999  1998  1997 
カテゴリー表示 季刊「中国総研」 中国地域経済白書 中国地域の経済と地域開発 自主研究等 
刊行物の一覧にもどる

中国地域経済白書

観光イノベーションへの挑戦-中国地域白書2014-

2014年の「白書」は「観光行動・ニーズの変化に対応した、集客増などの成果に結び付く新たな取り組み」を観光イノベーションとした上で、事業者レベルと地域レベルの二つの側面から中国地域における事例分析を行い、「わが社でもできる」「わがまちでもできる」観光イノベーションの方向性・ヒントを導き出すことを意図した。多様な業種の事業者や観光地としての成熟度等が異なる様々な地域の参考となる方向性・ヒントを紹介した。

詳細 >>

2013年度 スポーツによる地域活性化

2013年の「白書」はスポーツによる地域活性化のさまざまな動きについて概念整理と分析視点の提示を行った上で、中国地域各県の取り組みとともにプロスポーツやスポーツツーリズム等の特定テーマについて分析し、スポーツによる地域活性化の課題と方向性を検討した。

詳細 >>

2012年度 豊かな人口減少社会

2012年の「白書」のテーマは、人口減少・少子高齢化に伴う地域問題を取り上げて課題と方向性を検討し、豊かで自立的な地域社会の形成について考察するため、『豊かな人口減少社会』とした。

詳細 >>

2011年度 グリーン・イノベーションによる地域経済の成長

2011年の「白書」のテーマは、太陽電池、次世代自動車、LED(発光ダイオード)といった製品の開発や生産の動きが活発化しつつあることを踏まえ、『グリーン・イノベーションによる地域経済の成長』とした。

詳細 >>

2010年度 交通インフラの有効活用

2010年の「白書」は、わが国の交通インフラがほぼ完成に近づきつつある中で、交通インフラに関する課題が「整備」から「運営」への転換期を迎えているとの認識のもとに、テーマを『交通インフラの有効活用』とした。

詳細 >>

2009年度 中国地域まるごと情報事典2009年版

2009年の「白書」は、新たな試みとして、中国地域が有する自然、歴史・文化、産業等の各種資源を把握し、これを広く紹介することにより、地域の魅力や将来に活かすべき個性・特性を再認識することができる冊子を作成することを意図し、そのタイトルを『中国地域まるごと情報事典』とした。

詳細 >>

2008年度 地域資源の活用による地方再生

2008年の「白書」は、テーマを「地域資源の活用による地方再生」とした。東京一極集中と地方の疲弊、地域間の格差拡大が進む中、地域再生の有効な手段として注目される地域資源の活用に焦点をあて、その活用実態や先進事例を分析することにより、地域資源を活用して地方再生を図るために必要な産業振興策のあり方を検討した。

詳細 >>

2007年度 グローバル経済下の持続的な経済成長に向けて~中国地域のグローバル経済戦略~

2007年の「白書」は、テーマを「グローバル経済下の持続的な経済成長に向けて~中国地域のグローバル経済戦略~」とした。中国圏広域地方計画の策定を見据えて、経済特性等を踏まえたわが国さらには世界の中での中国地域の位置付け・役割と、グローバル経済下の持続的な経済成長に向けた課題と対応策を模索することを意図した。

詳細 >>

2006年度 小売業の競争激化と地域の盛衰

2006年の「白書」は、テーマを「小売業の競争激化と地域の盛衰」とした。90年以降の小売業激変の実態を確認し、生活者、商店街、個店を対象としたアンケート調査や統計データの分析から、地域小売業活性化のための課題を整理した。

詳細 >>

2005年度 ものづくりイノベーションと地域イノベーションシステム

2005年度の「白書」は、「ものづくりイノベーション」を製品・技術開発に直結する技術革新に限らず、販売・サービスやマネジメントなどを含めて、個々の企業における競争力強化や業績改善を図るための新たな取り組みを幅広くとらえた。

詳細 >>

2004年度 都心再生と都市型産業の振興

2004年度の「白書」は、都心と、これを存立基盤とする都市型産業の重要性を分析した。都市型産業の典型として、情報・通信産業、産業支援サービス産業、教育・学習産業、集客・交流産業、生活関連サービス産業の5つの産業を取り上げ、その都心立地への優位性を論じる。

詳細 >>

2003年度 中国地域におけるボランタリー経済と地域の活性化

2003年度の「白書」は、福祉や環境の分野で地域の問題解決を図るコミュニティ・ビジネス、ベンチャー企業の支援組織、あるいは地域通貨などの取り組みも取り上げた。

詳細 >>

2002年度 産業支援サービス業から知識創造産業へ

サービス業というのは間口が広すぎてとらえにくいが、雇用吸収の面でも産業全般の高度化という面でも重要な役割を果たしている。2002年度の白書は、産業支援(対事業所)サービス業に焦点を置いて、地域経済に対する影響や意義を検討した。

詳細 >>

2001年度 2025年の人口と地域構造

2001年度の「白書」は、戦後の人口動態と地域構造の変化、国土政策・産業立地政策の影響などを点検するとともに、2025年までの将来人口を推計したうえで、人口構成の変化による地域構造と地域経済への影響を検討した。

詳細 >>

2000年度 高齢社会に対応した新たなビジネスの動向

中国地方は全国に先駆けて少子・高齢化が進展し、本格的な高齢社会に突入している。2000年度の「白書」は、中国地方の発展の新たな活力源としての高齢者向けビジネスと新たな地域マネジメントシステムづくりについての検討を行った。

詳細 >>

1999年度 多様な厚みと広がりのある観光産業

1999年度の「白書」は、第1部で、中国地方の景況と主要産業の動向を概観し、第2部で観光産業を特集する。これらの検討結果をもとに、ケーススタディを実施し、観光産業の光と影の問題を考慮しながら、今後の振興課題を検討した。

詳細 >>

1998年度 新たな対応を模索する中国地域産業

「中国地域経済白書」は、景気動向編(第1~2章)と産業分析編(第3~4章)から構成される。最後に「21世紀への地歩を固める中国地域産業」としてまとめた。

詳細 >>

年別表示 2016  2015  2014  2013  2012  2011  2010  2009  2008  2007  2006  2005  2004  2003  2002  2001  2000  1999  1998  1997 
カテゴリー表示 季刊「中国総研」 中国地域経済白書 中国地域の経済と地域開発 自主研究等 
刊行物の一覧にもどる
ページの最初にスクロール