刊行物:年別

年別表示 2016  2015  2014  2013  2012  2011  2010  2009  2008  2007  2006  2005  2004  2003  2002  2001  2000  1999  1998  1997 
カテゴリー表示 季刊「中国総研」 中国地域白書 中国地域経済の概況 自主研究等 
刊行物の一覧にもどる

季刊「中国総研」 [2011年]

自転車と地域・まちづくり

今、自転車ブーム。東日本大震災以降、身近に自転車を感じる人は多いのではないか。自家用車に比べて移動手段として便利、単なる移動手段ではなく自転車が目的となり多様性に富んでいる、環境への関心、経済的・健康的、といった理由からだ。中心部において自転車利用の促進はコンパクトシティの形成、市内観光・娯楽産業の活性が期待される。国内で唯一、自転車で渡れる高速道路橋として人気の「しまなみ海道」では、自転車イベントが催され、千人規模の集客を誇る。こうした事例は中山間地域の活性化にも大きな可能性がある。近年このように都市部や中山間地域において、自転車を他の交通手段と同等に位置付け、まちづくりを進める事例が増えている。そうした事例や取り組み、自転車の持つ地域・まちづくりの可能性を考える。

詳細 >>

ロボットテクノロジー(RT)を活用した地域産業・社会の高度化とRT産業の創出

世界のロボットの3割強は日本国内で稼働、およそ7割を日本企業が製造しているが、ほとんどは製造現場で使われる「産業用ロボット」だ。産業用ロボットの導入が始まってから40年が経ち、わが国の人口・社会構造が大きく変化する中で、従来の製造業分野だけでなく、医療・福祉、オフィス、交通、農業などの分野や一般家庭においても、ロボットテクノロジーを活用する新たなサービス創出の機運が高まってきた。3月に発生した東日本大震災では、人間が作業できない環境下で働く特殊作業用ロボットがクローズアップされた。日本人は鉄腕アトムなどのアニメの影響があり、ロボットに対して親近感を持つと同時に、「ロボット=ヒューマノイド型で万能」というイメージも抱きがちだが、ロボット導入の検討現場では技術とニーズとの間にギャップも見受けられる。本稿ではロボットテクノロジーに関わる産学官の関係者に、各分野での取り組みの現状と課題、方向性について幅広く論じていただいた。

詳細 >>

スローツーリズムの胎動

2008年に発足した観光庁は、ニューツーリズムを重要施策の一つに位置付けている。スローツーリズムは、ほぼニューツーリズムと同義で使用され、類似の概念としてエコツーリズム、アグリツーリズム、グリーンツーリズムがある。スローという言葉には、地域の人々と触れあいながら、ゆっくりと地域資源の価値を認識し享受するという「観光の姿勢」が込められている。スローツーリズムの特性は、地域外から人を呼び込む「観光」の側面と、地域の自然・歴史・文化の再発見という「地域づくり」の側面が融合している点にある。従って、地域の行政・観光協会など公的団体だけでなく、地域に深い愛着を持つNPOや住民の取り組みが不可欠、また、旅行会社との連携も必要になる。中国地域でスローツーリズムに取り組むNPO、旅行会社、団体、行政などそれぞれの立場から、その可能性・課題などについて論じていただいた。

詳細 >>

航空自由化時代の地方空港

国際航空の自由化に伴い、国内航空は2000年の改正航空法による規制緩和の実施で、新規航空会社の参入や運賃の低廉化が進んだものの、航空会社の経営や地方空港の運営は厳しさを増している。地域においては、空港の利用促進に積極的に取り組むほか、新興のLCCをはじめとする国際線の就航に注目したり、国においては、地方空港を含めた空港の民営化とともに、空港整備の特別会計制度の廃止を方向付けたりしている。中国地方の各空港においては、広島西飛行場への就航路線がなくなり、石見空港の大阪便が運休予定である一方、岩国空港の民間航空再開が計画されるなど、各空港ともに利用促進が求められている。これら地方の空港・航空問題について議論を深めるため、わが国の空港・航空に関する新たな動きも踏まえ、地方空港の現状・課題や今後のあり方などについてさまざまな観点から論考をいただいた。

詳細 >>

転換点を迎えた農業の新たな可能性

わが国の農業経営体数は5年前に比べて33万経営体(16.4%)減少、販売農家の農業就業人口についても同74万6千人(22.3%)減少するなど、5年という短期間で急速に担い手を失っている。こうした中、現政権では戸別所得補償モデル対策など、農業の再生に取り組んでいる。また、各地域では、農商工連携による新たな産業の育成、都市農村交流など観光と連携して地域の活性化に結び付けようとしている。さらに、他産業からの農業への参入、企業的な経営による新たな農業の可能性にチャレンジする事例もある。近年の食の安全性に対する消費者意識の高まりを背景に、農業はビジネスチャンスを創出する可能性も秘めている。本特集では農業を取り巻く環境変化を踏まえながら、官民における新たな取り組みが地域に与える効果および影響などをさまざまな立場の方からご寄稿いただいた。

詳細 >>

中国地域白書 [2011年]

2011年度 グリーン・イノベーションによる地域経済の成長

2011年の「白書」のテーマは、太陽電池、次世代自動車、LED(発光ダイオード)といった製品の開発や生産の動きが活発化しつつあることを踏まえ、『グリーン・イノベーションによる地域経済の成長』とした。

詳細 >>

中国地域経済の概況[2011年]

中国地域の経済と地域開発2011

「中国地域の経済と地域開発2011」は、3部から構成されており、第1部「概要編」では、2010年の中国地域における主な地域開発動向を概説し、第2部「統計編」では、中国地域の社会・経済・産業の姿を簡潔な解説と図表でわかりやすく示した。また、第3部「地域開発編」では、中国地域の各地で進められている地域開発プロジェクト、各県・各市の長期ビジョンなどを収録し、この一冊で中国地域の概要が把握できることを目標に作成している。 本年は、「概要編」に特集テーマとして「地域独自の国際交流の取り組み」を取り上げ、「統計編」の観光関連、「地域開発編」の長期計画、市街地再開発等について、内容の充実を図った。

詳細 >>

自主研究等 [2011年]

年別表示 2016  2015  2014  2013  2012  2011  2010  2009  2008  2007  2006  2005  2004  2003  2002  2001  2000  1999  1998  1997 
カテゴリー表示 季刊「中国総研」 中国地域白書 中国地域経済の概況 自主研究等 
刊行物の一覧にもどる
ページの最初にスクロール