刊行物:年別

年別表示 2016  2015  2014  2013  2012  2011  2010  2009  2008  2007  2006  2005  2004  2003  2002  2001  2000  1999  1998  1997 
カテゴリー表示 季刊「中国総研」 中国地域白書 中国地域経済の概況 自主研究等 
刊行物の一覧にもどる

季刊「中国総研」 [2014年]

高速道路を活用した地域活性化

2014年度末に尾道自動車道が開通する。人口減少や域内総生産の停滞という厳しい状況下にある中国地域においては、完成した高速道路を地域振興や産業振興に生かしていくことが問われている。「高速道路整備と地域活性化」をテーマにさまざまな主体、地域による取り組みのほかに、やや俯瞰した考察や今後の高速道路整備のあり方など多角的な視点から論じる。

詳細 >>

人口減少下における住宅問題

人口減少社会が本格化する中で、住宅が余るという「空き家発生」の時代になっている。空き家の増加や空き家の放置は都市、市街地、中山間などの地域を問わず、災害発生の危険性の増加、景観・風紀の低下、コミュニティーの崩壊などさまざまな社会問題にまで発展していく。本来は「人口減少→世帯数減少→住宅数減少」の流れに向かうはずだが、なぜ人口と住宅数がほぼ並行に推移しないか、タイムラグが生じるのはなぜか。くしくも、人口減少などが原因で増加する空き家対策を進めるための「空家等対策の推進に関する特別措置法」が平成26年11月に成立した。こうしたことから「人口減少化の住宅問題」の事例や取り組みについて探っていく。

詳細 >>

地域資源の活用による地域活性化

特集テーマを「地域資源の活用による地域活性化」とし、当研究センターの研究員が自らの問題意識に基づき自由に執筆した。「地域商社」を軸とした地域マネジメント論、経済分析の手法を利用した考察、ケーススタディやアンケート調査の分析等の論文が集まった。

詳細 >>

創立65周年記念 中国地方のモノづくり企業の誕生史-内発型中堅企業のルーツをさぐる-

当研究センターの65周年記念として『中国地方のモノづくり企業の誕生史』を発刊した。サブタイトルに「内発型中堅企業のルーツをさぐる」とあるように、中国地方で興り、各地の地域資源を生かして中小企業の枠を超える規模の中堅企業に成長し、地域経済の自立的発展に重要な役割を担ってきた企業群(製造業300社余り)の生成・集積過程を整理した。県域を越えて俯瞰することで、一つの地方圏としては他に類を見ない中国地方の多彩でたくましい産業発展プロセスの特性と全体像を捉えた。

詳細 >>

芸術による地域活性化

地域活性化の資源として地域文化が大きな役割を果たしていることを踏まえ、ご当地グルメ、地域スポーツと並ぶ地域文化のひとつとして芸術を取り上げた。当研究センターのスタッフが中国地域における美術、音楽、演劇やアニメ、建築物などの芸術を生かした地域づくりについて調査研究することにより、地域資源としての芸術の力を確認し、芸術による地域活性化への示唆を論考にまとめた。

詳細 >>

中国地域白書 [2014年]

観光イノベーションへの挑戦-中国地域白書2014-

2014年の「白書」は「観光行動・ニーズの変化に対応した、集客増などの成果に結び付く新たな取り組み」を観光イノベーションとした上で、事業者レベルと地域レベルの二つの側面から中国地域における事例分析を行い、「わが社でもできる」「わがまちでもできる」観光イノベーションの方向性・ヒントを導き出すことを意図した。多様な業種の事業者や観光地としての成熟度等が異なる様々な地域の参考となる方向性・ヒントを紹介した。

詳細 >>

中国地域経済の概況[2014年]

中国地域経済の概況2014

「中国地域経済の概況2014」は、これまで中国地方総合研究センターとエネルギア総合研究所が蓄積してきた中国地域の経済情勢や地域開発の動向、主要な指標等のデータを活用し、グラフやマップによる見やすさにこだわるとともに、解説も極力コンパクトにすることで、中国地域の経済に初めて接する方にも全体像が理解いただけるよう分かりやすい構成にした。

詳細 >>

自主研究等 [2014年]

中国総研・地域再発見BOOKS~中国地域の藩と人

『中国総研・地域再発見BOOKS』シリーズの第5弾、『中国地域の藩と人-地域を支えた人びと-』を発刊した。 江戸時代、徳川政権を支えたのは、全国の300余の「藩」であった。中国地域にも多くの藩が存在し、財政改革、殖産興業に努めた名君や実力者が生まれ、独自の藩風や文化を築いた。その藩風はいまも県民意識に引き継がれている。藩の誕生から激動の幕末維新まで、中国地域の藩と人々の盛衰のドラマを探る。 『中国総研・地域再発見BOOKS』は、中国地域の歴史や文化、産業、人物などをメインテーマとし、それらを中国地域の強みとして生かし、中国地域および日本の持続的発展に寄与するために順次刊行している。「①『海』の交流」「②よみがえる建築遺産」「③『道』の文化史」「④中国地方の鉄道探見」に続く第5弾として刊行した。今後も順次刊行する予定。

詳細 >>

中国総研・地域再発見BOOKS~中国地方の鉄道探見-鉄路の歴史とその魅力-

『中国総研・地域再発見BOOKS』シリーズの第4弾、『中国地方の鉄道探見-鉄路の歴史とその魅力-』を発刊した。 鉄道は人や貨物を運ぶ手段であるとともに地域経済や文化の発展をもたらしてきた。また路線とその沿線は人々を引き付ける地域の財産にもなっている。さまざまな路線網が明治以来構築されてきた過程で地域がどのように変貌してきたのか、各路線はどんな魅力を持っているのか。中国地方の鉄道の歴史とその魅力を紹介した。 『中国総研・地域再発見BOOKS』は、中国地域の歴史や文化、産業、人物などをメインテーマとし、それらを中国地域の強みとして生かし、中国地域および日本の持続的発展に寄与するために順次刊行している。①「『海』の交流」、②「よみがえる建築遺産」、③「『道』の文化史」に続く第4弾として刊行した。今後も順次刊行する予定。

詳細 >>

山口県を中心とした産業発展の歴史

明治期以降を中心とした中国地域各県における産業発展の歴史について調査を行い、その成果を取りまとめた成果報告の第4弾「山口県版」。今後は鳥取県の調査成果を刊行予定。

詳細 >>

年別表示 2016  2015  2014  2013  2012  2011  2010  2009  2008  2007  2006  2005  2004  2003  2002  2001  2000  1999  1998  1997 
カテゴリー表示 季刊「中国総研」 中国地域白書 中国地域経済の概況 自主研究等 
刊行物の一覧にもどる
ページの最初にスクロール