リサーチちゅうごく

年別レポート表示 2011  2010  2009  2008  2007  2006  2005  2004 
07/10 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
<< 前のレポート リサーチちゅうごくのレポート一覧にもどる 年別表示 次のレポート >>

調査・研究レポート2007年10月18日

平成19年度定期総会記念講演「バナナ的ひろしま論~広島のソフト産業~」

平成19年8月30日、広島市にて平成19年度中国総研定期総会と記念講演会を開催した。講演者に、広島市立大学社会連携センターの大場 充 氏を迎えた記念講演の内容を紹介する。変化の激しい時代ではいろいろなことが起こる。大場氏はそのような現象をソフト的な立場から見て議論を展開し、ソフトウェア産業と広島の産業の現状を「ひろしま論」というテーマに据えて紹介していく。講演タイトルの「バナナ的」とは、バナナは皮が黄色で中身は白い、見た目は日本人だが中身はアメリカ的であると披露する。

PDFファイル(1,852KB)

年別レポート表示 2011  2010  2009  2008  2007  2006  2005  2004 
07/10 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
<< 前のレポート リサーチちゅうごくのレポート一覧にもどる 年別表示 次のレポート >>
ページの最初にスクロール