リサーチちゅうごく

年別レポート表示 2011  2010  2009  2008  2007  2006  2005  2004 
10/10 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
<< 前のレポート リサーチちゅうごくのレポート一覧にもどる 年別表示 次のレポート >>

調査・研究レポート2010年10月14日

平成22年度定期総会記念講演「足下の宝を見つめて暮らしをデザインする」

平成22年8月27日、広島市にて平成22年度中国総研定期総会と記念講演会を開催した。講演者に、㈱石見銀山生活文化研究所 取締役所長 松場登美 氏をお迎えした記念講演の内容を紹介する。松場氏は島根県大田市大森町を拠点とし、石見銀山を舞台にこの町にこだわりながら、この町にある、あらゆる素材をデザインすることをコンセプトにした異業種ネットワークを立ち上げ、各種イベントの実施などを通して、観光振興や街の活性化に多大な貢献をされている観光・町おこしのカリスマ。町おこしは自己表現のひとつと言い、足下の宝を見つめ、歴史を自らに取り込み、新たなライフスタイルを紡ぎだしていくことの喜び、大切さを熱く語る。

PDFファイル(1075KB)

年別レポート表示 2011  2010  2009  2008  2007  2006  2005  2004 
10/10 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
<< 前のレポート リサーチちゅうごくのレポート一覧にもどる 年別表示 次のレポート >>
ページの最初にスクロール