景気ウォッチャー調査

調査結果

景気ウォッチャー調査は、タクシー運転手やコンビニの店長など、仕事を通じて地域の景気動向を観察できる立場にある全国11地域の計2,050人を対象に、内閣府が実施する調査です。その結果は、毎月の調査期間(毎月25日〜月末)終了後、原則として第6営業日に公表されます(内閣府ホームページに掲載)。中国地域では、社団法人中国地方総合研究センターが、内閣府からの委託を受けて、170名を対象に調査を実施しています。

このホームページでの中国地域に関する概要は、社団法人中国地方総合研究センターの責任で取りまとめたものです。

なお、雇用関連のデータは調査客体数が少ないため、2001年8月以降の数値を参考値として掲載する。企業動向関連のデータも同様の理由から、2001年7月以前の数値については参考値として掲載しています。

調査の概要

調査の範囲・調査の目的・調査事項・調査期日及び期間・DIの算出方法については次のとおりです。

調査の概要

中国地域データ

中国地域の調査データは次の通りです。

中国地域データについて

調査項目

調査項目については、景気ウォッチャー調査 調査票を参照ください。

調査項目 [内閣府ページ]

全国集計

全国集計及びウォッチャーのコメントについては、月例経済報告関係資料「景気ウォッチャー調査(月次)」をご覧ください。

全国集計 [内閣府ページ]

ページの最初にスクロール